ストレス解消のためのカードショッピングやゲーム課金での債務が5分の1に圧縮された40代団体職員の女性の事例 | 福島の債務整理・借金問題の弁護士相談【福島いなほ法律事務所】

ストレス解消のためのカードショッピングやゲーム課金...

  • 性別:女性
  • 年代:40代
依頼者は、過去にも個人再生手続をしており、二度としないよう努めていました。しかし、クレジットカードを利用する人が増える中、自分もカードを作れるのだろうかと思い、申込んでみたら審査が通り、カードが送られてきました。使いすぎをおそれ、しばらくは利用しませんでした。 その後、職場でのパワハラに悩むようになりました。ストレス解消に、カードでショッピングやゲーム課金を繰り返していたところ、利用額がかさんでいきました。 やがて、返済のために銀行などから借入れをするようになり、このままでは返済が難しいと考え、当事務所に相談にいらっしゃいました。

接待費のカード補填を繰り返した借金を5分の1に圧縮...

  • 性別:男性
  • 年代:40代
依頼者は、仕事上の接待や懇親会などの費用のうち、会社で負担してもらえないものを、クレジットカードのキャッシングで補填していました。リボ払いを利用していましたが、それが次第に多額になり、返済が困難になって、当事務所に相談にいらっしゃいました。

住宅ローン以外の債務が2分の1に圧縮され、自宅を手...

  • 性別:男性
  • 年代:50代
依頼者は、クレジットカードを利用して、時計や服などのブランド品を購入するようになり、その返済のため、生活費が不足するようになりました。その後、パチンコや競馬、オンラインカジノなどをはじめ、次第に、利用金額が増え、負けた分を取り戻すため借入れをするようになりました。借金は雪だるま式に増え、月々の返済額が20万円近くなり、このまま返済を続けていくことが難しくなりました。 しかし、家族に内緒でもあり、自宅は残したいとのことで、当事務所に相談にいらっしゃいました。

ギャンブルを含めた借金が3分の1に圧縮された40代...

  • 性別:男性
  • 年代:40代
依頼者は、亡くなった母の治療費や介護費用の負担が大きく、生活費の不足を補填するために借入れをするようになりました。また、依頼者自身も持病が悪化、精神疾患も併発して、仕事を休みがちになり、収入が減りました。同時に、自暴自棄になり、飲酒、パチンコや競輪でお金を費消するようになり、借金が増えました。やがて、新型コロナウィルスの影響もあり、収入が減り、返済が困難になりました。当事務所以外の法律事務所に委任して、任意整理を行いましたが、途中で返済できなくなり辞任され、当事務所に相談にいらっしゃいました。

ポイント獲得目的でカード枚数、利用額が増え、返済が...

  • 性別:女性
  • 年代:30代
依頼者は、生活費の不足を補うためにクレジットカードを利用していました。初めは支払可能な範囲内での利用でしたが、ポイント獲得目的でカードの利用枚数を増やしていくうちに、カード枚数が8枚、借入総額が約480万円となってしまいました。返済に困り、当事務所に相談にいらっしゃいました。

安心の相談体制

即日相談も応相談
※要予約

じっくり相談できる
初回60分まで無料

安心個室の
相談室

必要なとき
裁判所に同行
あなたを守ります

平日8:30〜17:30
(土日祝応相談)

024-528-5780