ローンを組んで自宅を新築した後、家族に不幸が重なり、借金を返済できなくなった40代会社員男性の事例 | 福島の債務整理・借金問題の弁護士相談【福島いなほ法律事務所】

ローンを組んで自宅を新築した後、家族に不幸が重なり...

  • 性別:男性
  • 年代:40代
依頼者は、約2500万円の住宅ローンを組んで、自宅を新築しました。まもなく父が亡くなり、父のお墓を建てるために銀行から借入をしました。その後、母が交通事故に遭ったり、がんを患うなどし、そのたびにカード会社から治療費などを借入れし、借金が増えていきました。 また、会社の業績悪化のため、手取り月収が大幅に減少し、借金返済のために他社から借入をするようになりました。やがて、借金返済の不安からうつ状態になり、会社を休職せざるを得なくなり、返済を続けることができなくなりました。全国展開の法律事務所に相談したところ、個人再生をすすめられ、当事務所に相談にいらっしゃいました。

離婚後、妻に財産分与した住宅のローンや養育費の支払...

  • 性別:男性
  • 年代:40代
依頼者は、離婚により、自宅を前妻に財産分与した際、銀行から名義変更費用を借入れました。以降、毎月、養育費3万円のほかに、財産分与した住宅のローン月7万7000円も依頼者が負担することになりました。 一方、新たな家庭を築くにあたり、引っ越し費用などがかかり、度々銀行から借入れるようになりました。その後、自動車ローンも加わり、養育費も含めると月々の支払額が30万円ほどにのぼり、返済に困り果て、当事務所に相談にいらっしゃいました。

事業資金を借入れ、債務超過になった元自営業の40代...

  • 性別:男性
  • 年代:40代
依頼者は、建築関係の自営業者でした。数年前に、下請業者及び外注先に代金を支払うためにクレジット会社から借入れをしました。その後も、運転資金や設備投資のために、複数の銀行から融資を受けました。 しかし、売上や取引先の減少により、債務超過となり、借金返済や生活費のために借入れをするようになりました。そこで、資材を処分し返済に充てましたが、すべての債務を返済することはできませんでした。やがて、返済を続けることができなくなり、当事務所に相談にいらっしゃいました。

住まなくなった自宅のローンおよび固定資産税が支払え...

  • 性別:男性
  • 年代:40代
依頼者は、勤務先の寮に住んでいましたが、このまま寮費を払い続けるより、住宅を購入して住んだ方がよいと考え、住宅ローンを組んで、自宅土地建物を購入しました。 その後しばらくたって、精神的に不安定となり、仕事を辞め、今まで利用してこなかったクレジットカードを買い物などに利用するようになりました。そして、関東での暮らしが嫌になって、実家に戻り、住まなくなった自宅のローンだけが、預金口座から自動引落しされている状態となりました。 やがて、預金も底がつき、自宅所在地の市役所から不動産差押えの書類が届き、当事務所に相談にいらっしゃいました。

うつ病で長年勤めた会社を辞め、借金を返済できなくな...

  • 性別:男性
  • 年代:40代
依頼者は、クレジットカードを利用して、趣味のための買い物をしたり、競馬等のギャンブルをしたりするようになりました。やがて、新しい仕事を任されたストレスに借金返済のストレスが重なり、うつ状態になり、長年勤めた会社を退職せざるを得ませんでした。その後、家族の勧めで病院を受診し、うつ病との診断を受け、当事務所に相談にいらっしゃいました。

安心の相談体制

即日相談も応相談
※要予約

じっくり相談できる
初回60分まで無料

安心個室の
相談室

必要なとき
裁判所に同行
あなたを守ります

平日8:30〜17:30
(土日祝応相談)

024-528-5780