家族の入退院の繰り返しなどで生活費が不足し借金、高齢もあり返済できなくなった80代男性の事例 | 福島の債務整理・借金問題の弁護士相談【福島いなほ法律事務所】

家族の入退院の繰り返しなどで生活費が不足し借金、高...

  • 性別:男性
  • 年代:80代
依頼者には、障がいのあるお子さんがおり、入退院を繰り返すようになり、生活費が不足し、借入をするようになりました。また、子どもや妻の送迎のため、ローンを組んで自動車を購入したりしましたが、当初は、自分の年金や妻の収入でなんとか返済していました。 しかし、妻が仕事を辞めたことにより、返済ができなくなりました。ご自身も高齢のため生活保護の申請をし、当事務所に相談にいらっしゃいました。

ギャンブルが原因で借金を負い、給与を差押えられた4...

  • 性別:男性
  • 年代:40代
依頼者は、20代の頃からパチンコ・スロットをして、生活費が不足すると複数の消費者金融から借入をするという生活をしていました。その後、借金を一本化するため借入れをしましたが、返済ができず提訴されました。裁判所から給与差押命令が届き、困って当事務所に相談にいらっしゃいました。

東日本大震災後収入が減り、借金、その後事故で働くこ...

  • 性別:男性
  • 年代:60代
依頼者は、東日本大震災後仕事が減り、給料が激減したことから、消費者金融から借入れ、生活費に充てるようになりました。その後、転職し、除染作業に従事しましたが、やがて除染作業も減り、生活費や債務返済のために、借金を繰り返しました。 その後、自損事故で障害を負い、介護施設に入所しました。債権者からの催告書が親族宅に転送されたことから、親族から当事務所にお問合せいただき、オンラインでの相談となりました。

父親を援助するため借金し、収入の減少で返済できなく...

  • 性別:男性
  • 年代:40代
父親の連帯保証債務の返済を援助するため、カードでキャッシングをするようになりましたが、その後ボーナスの減少、車の買替えなどがあり、借金の返済ができなくなりました。

転職や自己啓発セミナーで多額の負債を負うに至った5...

  • 性別:女性
  • 年代:50代
依頼者は、自分に合う仕事がなかなか見つからず、パートやアルバイトとして仕事を転々とするようになりました。収入も不安定で、生活費の不足を補うため、クレジットカードを頻繁に利用するようになりました。 その後、このような状況から抜け出すため、自己啓発セミナーなどに参加するようになりました。 ところが、かえって受講料・旅費・物品購入などが増え、借入が増える結果となりました。生命保険を解約するなどして、何とか返済を続けてきましたが、返済資金も尽きてしまい、当事務所へ相談にいらっしゃいました。

安心の相談体制

即日相談も応相談
※要予約

じっくり相談できる
初回60分まで無料

安心個室の
相談室

必要なとき
裁判所に同行
あなたを守ります

平日8:30〜17:30
(土日祝応相談)

024-528-5780