大学を中退し、就職後も手取りが少なく、奨学金の返済が重荷になった20代会社員男性の事例 | 福島の債務整理・借金問題の弁護士相談【福島いなほ法律事務所】

大学を中退し、就職後も手取りが少なく、奨学金の返済...

  • 性別:男性
  • 年代:20代
依頼者は、大学入学時に奨学金を借受けましたが、結局、学費が支払えなくなり、大学を中退しました。その後、就職しましたが、手取りが少なく、奨学金の返済や生活費の不足を補うため、複数の消費者金融から借入をしました。自動車ローンの返済もあり、やがて、借金返済のために借金を重ねるようになりました。 ダブルワークをしながら、どうにか返済を続けてきましたが、返済が困難となり、当事務所に相談にいらっしゃいました。

子の教育費や病気のため借入れし、返済できなくなった...

  • 性別:男性
  • 年代:50代
依頼者は、住宅ローンの返済のほか、子供の教育費を工面するため、借入れました。その後、給料が継続的に減るとともに、自身も病気やけがで入退院を繰り返し、生活費を借入れるようになりました。数年前には、腎不全のため、週3回の透析治療が必要になり、働くことができなくなりました。返済ができなくなり、自宅も競売にかけられ、当事務所に相談にいらっしゃいました。

家族や自身の治療費のため借金がふくらんだ30代パー...

  • 性別:男性
  • 年代:30代
依頼者は、パート勤めの母親と同居していましたが、生活費のため少しずつクレジットカードを使用するようになりました。その後、母親が認知症を発症し、介護しながらの生活になりました。また、自身も病気を患い、手術や治療費の支払に金融機関のカードによるキャッシングを利用しました。治療は2年間に及び借入額はふくらんでいきました。 やがて、借りては返すの自転車操業状態に陥り、当事務所に相談にいらっしゃいました。

保証債務や事業のための借入を原因とする40代派遣社...

  • 性別:男性
  • 年代:40代
依頼者は、親族が公的機関から教育資金を借入れる際、連帯保証人になりました。その親族が自己破産したため、保証債務を負うことになりました。また、給与が減り、生活費が不足するようになり、複数の消費者金融から借入れました。その後、会社を辞め、個人事業主として仕事をはじめました。事業が軌道に乗り、債務も減っていきました。 しかし、東日本大震災後は経営が低迷しました。複数の銀行から事業資金を借入れましたが、事業継続を断念しました。その後、派遣社員として働き始めましたが、返済に困り、当事務所に相談にいらっしゃいました。

引越しをきっかけに借入れするようになった70代無職...

  • 性別:男性
  • 年代:70代
依頼者は、30年ほど前に他県から当地に引っ越してきました。その際に、引越し費用や当面の生活費を消費者金融から借入れました。その後、教育費や生活費の不足を補填するため、複数の消費者金融から借入れするようになり、やがて自転車操業に陥りました。また、妻が死亡した際に、葬儀費用や墓石費用を借入れしたことで、さらに借金が膨らみました。 なんとか返済を続けていましたが、失業したことで支払ができなくなり、当事務所に相談にいらっしゃいました。

安心の相談体制

即日相談も応相談
※要予約

じっくり相談できる
初回60分まで無料

安心個室の
相談室

必要なとき
裁判所に同行
あなたを守ります

平日8:30〜17:30
(土日祝応相談)

024-528-5780